, 不動産の証券化・不動産の証券化とは、不動産鑑定評価net

不動産の証券化

不動産の証券化とは

不動産の証券化とは、対象不動産が算出する利益を前提に資金調達を行う方法で、有価証券と引き換えに投資家から投資を募るというシステムです。

基本的に土地や建物といった不動産は、持ち運びができません。不動産の証券化とは、いわば持ち運びできない不動産を、持ち運び可能な証券に置き換えることを言います。これにより一個の不動産を多数の証券に分割することができるので、単価の安い権利を多くの人が所有できるようになり、資金調達がしやすくなるなどのメリットが生まれたのです。

このような不動産の証券化が始まった背景として、バブルの崩壊が挙げられます。バブル崩壊後は地価が下落し続け、不動産を所有していても銀行の貸し渋りといった事態が起こり始めました。つまり不動産を所有していても、資金の調達が困難となったのです。そのため企業などでは資金調達源を広く一般市場に求めざるを得なくなりました。

こうして生まれたのが、不動産の証券化という流れです。一般市場から広く資金を調達するためには、投資家が投資しやすい環境を作る必要があります。要するに価値が大きく、再分化できず、再分化できない不動産では、資金の調達が非常に困難なのです。そこで不動産の証券化、細分化することが必要不可欠となったのです。

その結果、平成12年、米国の不動産証券などを参考にして
「資産の流動化に関する法律(資産流動化法)」
「投資信託及び投資法人に関する法律(投信法)」
の改正が行われ、日本でも不動産の証券化が開始されるようになったのです。

スポンサードリンク


【PR】 @石垣島  エンジニア転職  図解!生命保険の選び方 

Copyright © 2006 不動産鑑定評価 All Rights Reserved.