, 不動産鑑定評価r料金について・不動産鑑定評価net

不動産鑑定評価について

不動産鑑定評価の料金について

不動産鑑定評価をしてほしいのだが、幾らかかるのか分からない……
と、不安に思う方も少なくないはずです。日常生活でそういう機会がないので、それも当然のことです。 一般的には、地方の鑑定事務所の方が大都市の鑑定事務所よりも料金は高いです。大都市の場合は不動産鑑定士の数が多いので競争原理が働き、料金は低下する動きに向かいます。これに対して不動産鑑定士の数が少ない地方では、競争が起こらないので料金は上がります。また依頼件数も多いので、料金の安い仕事は引き受けないということもあるようです。

不動産鑑定評価の料金について
通常、鑑定事務所は「不動産鑑定報酬基準」を目安にして鑑定料金を定めています。「不動産鑑定報酬基準」は文字通り、鑑定料金の基準を定めたものです。もし不動産鑑定を依頼したい場合には、この不動産鑑定報酬基準を鑑定評価料金の目安とするといいでしょう。 参考として、以下に不動産鑑定報酬基準の一部を紹介しておきます。

宅地又は建物の所有権の場合……
1,000万円まで:181,000円 1,500万円まで:196,000円 2,000万円まで:226,000円
2,500万円まで:249,000円 3,000万円まで:264,000円 4,000万円まで:286,000円
5,000万円まで:316,000円 6,000万円まで:346,000円 8,000万円まで:392,000円

一般的に業者間の競争の激しい都市部では、この料金よりも安くなる傾向があります。
また鑑定の料金は、「宅地又は建物の所有権」「宅地見込地の所有権」「農地又は林地の所有権・家賃」「宅地の借地権」「宅地の区分地上権・地代」「建物及びその敷地及び所有権」「建物の区分所有権及び当該権利に係る敷地所有権」などの分類によって変わってきます。また対象物件が近くにあるのか遠隔地なのかによっても、料金が変わりますので注意が必要です。

一般鑑定評価と簡易鑑定評価の違いについて
不動産鑑定評価には、「一般鑑定評価」と「簡易鑑定評価」の2種類があります。 通常、不動産鑑定評価といえば一般鑑定評価のことを指します。これに対して簡易鑑定評価とは、一般鑑定評価を簡略化したものです。対象は戸建住宅のみの場合が多く、評価書の分量も一般鑑定評価と比べると少なくなります。業者にもよりますが、基本的には大規模な工場やゴルフ場、ホテルのような特殊なケースでは簡易鑑定を行っていません。

「一般鑑定評価」
一般的な鑑定評価のことで、不動産の種類や規模、依頼に関わらず全てに対応できます。

「簡易鑑定評価」
一般鑑定評価を簡略化したもので、特殊な不動産に対しては適用できない。ヒアリングなども行われず、評価書の分量は一般鑑定の半分ほどで鑑定料金も約6割程度となる。

スポンサードリンク


【PR】 @石垣島  エンジニア転職  図解!生命保険の選び方 

Copyright © 2006 不動産鑑定評価 All Rights Reserved.