, 不動産鑑定士になるまでの流れ、資格試験合格:不動産鑑定評価net

不動産鑑定士になるには

不動産鑑定士になるまでの流れ

1、試験合格者は国土交通大臣の登録を受けた実務修習機関で「実務修習」を受けます。

・実務修習の期間:試験合格後、毎年12月1日~翌年の11月30日までの1年間。
・実務修習の内容:「講義」「基本演習」「実地演習」の3つから成り立っています。

講義……一般的基礎知識、種別・類型別鑑定評価、手法適用上の技術的知識など。

基本演習……実査、評価、鑑定表報告書の作成などを行います。

実地演習……鑑定評価報告書の作成について、鑑定士の指導を受ける。

2、「講義」「基本演習」「実地演習」の3つを修得すると、修了考査を受けます。

修了考査の内容は、「小論文」「実地演習の事案に対する口頭試問」となっています。

実務修習修了考査に合格すると、国土交通大臣の修了の確認を受けます。

不動産鑑定士として登録され、晴れて不動産鑑定士になることができます。

不動産鑑定士資格の一発合格はこちら

【LEC】資格取得!合格への第一歩!

不動産鑑定士資格講座

特徴

通学・通信共にDVDやWEBなど豊富な教材をそろえ初心者がしっかり学べるコースになっています。安価なコースからじっくり学ぶコースまで選択肢がたくさんあり受講者のことを考えた講座です。


【PR】 @石垣島  エンジニア転職  図解!生命保険の選び方 

Copyright © 2006 不動産鑑定評価 All Rights Reserved.