, 不動産鑑定評価報告書に記載されているもの内容、不動産鑑定評価net

不動産鑑定評価書について

不動産鑑定評価報告書に記載されているもの

不動産鑑定評価報告書とは、不動産鑑定士が不動産の鑑定評価の成果を記した文書のことです。不動産鑑定評価報告書には、鑑定評価に関する基本的事項や鑑定評価額、鑑定評価額決定の根拠などを記し、不動産鑑定士が自己の専門的学識と経験に基づいた判断と意見を表し、その責任を明確にするためのもので、不動産鑑定士の法的な義務となっています。

鑑定評価報告書の作成指針について(不動産鑑定評価基準総論第9章1節より)
鑑定評価報告書は、鑑定評価の基本的事項及び鑑定評価額を表し、鑑定評価額を決定した理由を説明し、その不動産の鑑定評価に関与した不動産鑑定士等の責任の所在を示すことを主旨とするものであるから、鑑定評価報告書の作成に当たっては、まずその鑑定評価の過程において採用したすべての資料を整理し、価格形成要因に関する判断、鑑定評価方式の適用に係る判断等に関する事項を明確にして、これに基づいて作成すべきである。

鑑定評価報告書の内容は、不動産鑑定業者が依頼者に交付する鑑定評価書の実質的な内容となるものである。したがって、鑑定評価報告書は、鑑定評価書を通じて依頼者のみならず第三者に対しても影響を及ぼすものであり、さらには不動産の適正な価格の形成の基礎となるものであるから、その作成に当たっては、誤解の生ずる余地を与えないよう留意するとともに、特に鑑定評価額の決定の理由については、依頼者その他第三者に対して十分に説明し得るものとするように努めなければならない。

不動産鑑定評価報告書には、以下のような事項を記載する必要があります。

(1)鑑定評価額及び価格又は賃料の種類
(2)鑑定評価の条件
(3)対象不動産の所在、地番、地目、家屋番号、構造、用途、数量等及び対象不動産 に係る権利の種類
(4)鑑定評価の依頼目的及び条件と価格又は賃料の種類との関連
(5)価格時点及び鑑定評価を行った年月日
   後日対象不動産の現況把握に疑義が生じる場合があることを考慮して、実際に 現地に赴き対象不動産の現況を確認した年月日(実査日)をあわせて記載する。
(6)鑑定評価額の決定の理由の要旨
   鑑定評価額の決定の理由の要旨は、以下の内容について記載していきます。
  ・地域分析及び個別分析に係る事項
  ・最有効使用の判定に関する事項
  ・鑑定評価方式の適用に関する事項
  ・試算価格又は試算賃料の調整に関する事項
  ・公示価格との規準に関する事項
   ・その他
(7)鑑定評価上の不明事項に係る取扱い及び調査の範囲
(8)関与した不動産鑑定士等の対象不動産に関する利害関係又は対象不動産に関し 利害関係を有する者との縁故若しくは特別の利害関係の有無及びその内容
(9)その不動産の鑑定評価に関与した不動産鑑定士等の氏名

また不動産鑑定報告書には必要に応じて、対象不動産等の所在を明示した地図や、土地又は建物等の図面、写真等の確認資料、事例資料などを附随資料として添付します。

スポンサードリンク


【PR】 @石垣島  エンジニア転職  図解!生命保険の選び方 

Copyright © 2006 不動産鑑定評価 All Rights Reserved.