, 不動産鑑定評価書の活用法、使い方、不動産鑑定評価net

不動産鑑定評価書について

不動産鑑定評価書の活用法

不動産鑑定評価書は、以下のような場面において効果的に活用することができます。

・不動産を売買する際に、対象不動産の適正価格を知ることで納得のいく取引ができる。

・不動産を等価交換する際、対象不動産の適正価格を知ることで納得のいく取引ができる。

・不動産を賃貸借したい場合に、賃料や地代など納得のいく適正な価格を算出できる。

・不動産を担保に融資を受ける場合、不動産鑑定評価書があると融資額を予想しやすい。また不動産を担保に取る場合には、対象不動産の評価額を明確にしておく必要がある。

・土地や建物の現在の資産価値を知っておきたい場合に、それを把握することができる。

・財産相続の際に公平な分配を行う際に、不動産の適正な評価額を知ることができる。

・共同ビルの建築や再開発の場合には、権利関係は複雑になり、トラブルが起きやすい。客観的な鑑定評価を行って権利を調整しておくと、様々なトラブル防止につながる。

・鑑定評価を受けていると、裁判や課税以上の不服がある場合に有利に働くことがある。


【PR】 @石垣島  エンジニア転職  図解!生命保険の選び方 

Copyright © 2006 不動産鑑定評価 All Rights Reserved.