, 不動産鑑定士の就職先・不動産鑑定評価net

不動産鑑定士制度について

不動産鑑定士の就職先

不動産会社

不動産を取り扱う不動産会社では、不動産鑑定士は必要不可欠な資格と言えます。特に大手の不動産会社では土地活用や土地開発などのコンサルティング業務も行っているため、不動産の専門的な知識を持つ人材を必要としています。

不動産鑑定士事務所

不動産鑑定士事務所は不動産の調査や鑑定を業務とし、不動産鑑定業者の登録を行えば独立して開業することができます。現在では不動産鑑定士の業務は非常に多岐に渡っているため、不動産鑑定士の人材が不足していると言われています。

金融機関

不動産は融資の際に担保として用いられることが非常に多いため、金融機関においても不動産鑑定士の専門知識は重宝されています。信託銀行などでは不動産鑑定士資格を取得するための研修制度もあり、不動産鑑定士は様々な部門で活躍しています。

商社

大手の商社になると、資産として多くの不動産を所有しているため、不動産鑑定士は欠かせない人材となっています。また不動産取引を行う場合にも、不動産を担保とするケースがあるため、経理や管財などのセクションで不動産鑑定士の専門知識が必要となります。

証券会社

証券業界においても、不動産に関する専門的な知識を持つ不動産鑑定士は、なくてはならない存在です。例えば抵当権発行の申請を行う場合には鑑定書を添付しなければなりませんが、これは不動産鑑定士の業務でもあるのです。

官公庁

不動産鑑定士を統括している国土庁では、国土の健全な利用および発展を推進している組織です。また土地や建物を扱う国土交通省や財務省、その他の官公庁などにおいても、不動産鑑定の専門家を必要としています。さらには都道府県・市町村における土地開発計画の部門でも、不動産鑑定士は欠かすことのできない重要な存在となっています。

『このように不動産鑑定士の活躍場は、幅広い業界に渡っています。どの業界でも不動産鑑定士を必要としているため、現在、不動産鑑定士の数は絶対的に不足しています。不動産鑑定士になれば安定した収入が得られると言われますが、それは間違いないことでしょう。』

不動産鑑定士資格の一発合格はこちら

【LEC】資格取得!合格への第一歩!

不動産鑑定士資格講座

特徴

通学・通信共にDVDやWEBなど豊富な教材をそろえ初心者がしっかり学べるコースになっています。安価なコースからじっくり学ぶコースまで選択肢がたくさんあり受講者のことを考えた講座です。

スポンサードリンク


【PR】 @石垣島  エンジニア転職  図解!生命保険の選び方 

Copyright © 2006 不動産鑑定評価 All Rights Reserved.