, 不動産鑑定評価と土地の価格について・土地評価の方式について不動産鑑定評価net

不動産鑑定評価と土地の価格について

土地評価の方式について

基本的に土地は、宅地や田、畑、山林といった地目ごとに評価を行います。また土地の評価方法は、土地の所在する地域によって異なってきます。なぜなら複雑な土地事情となっている市街地の場合では、通りごとによって土地の価格が変わりますが、そうでない地域の地価状況はそれほど複雑でないなど、地域によって地価事情が変わってくるからです。 土地の評価方法には、次の「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

~路線価方式(主に複雑な市街地などで採用されている手法)~

道路ごとに基準となる路線価(1平方メートル当たりの評価額のこと)が設定されており、この路線価に基づいて評価額を求める方法。評価額を求める際には、土地の位置や道路に接している状況、また奥行きや不整形などの形状に応じて評価額の調整を行います。

~倍率方式(主に市街地以外の地域で採用されている手法)~

地価事情の似た地域ごとに、固定資産税の評価額に対する倍率が設けられています。各市町村などが定める固定資産税の評価額に、一定の倍率を乗じて評価額を求める方法です。



【PR】 @石垣島  エンジニア転職  図解!生命保険の選び方 

Copyright © 2006 不動産鑑定評価 All Rights Reserved.