不動産鑑定評価はなぜ必要なのか

不動産というものは一般の商品とは違って、唯一無二の特殊なものです。そのため他の商品のように適正な価格をつけることが非常に困難です。しかしかつてのバブル期のような事態を避けるためにも、不動産も適正な価格で取り引きされる必要があります。

そこで不動産の専門家である不動産鑑定士が、不動産鑑定評価基準に基づいて不動産の評価を行うのです。不動産の評価は、快適性や利便性、収益性、需要といった地域の環境や諸条件から鑑定が行われます。不動産を担保にしたい、不動産を賃貸借したい、相続のため、課税上の不服を申し立てしたい……などの際には、不動産の適正な価格を知っておかなければなりません。そのような場合に、不動産鑑定評価が必要となるのです。

不動産鑑定士を探す


不動産鑑定士とは

不動産鑑定士とは、不動産の適正な価値を鑑定する資格を持つ者です

不動産鑑定の業務を営む場合には、国土庁長官又は知事の登録を受け、事務所ごとに
専任の不動産鑑定士を一人以上置くことが法律で定められています。

1963年に不動産の鑑定評価に関する法律が誕生し、不動産の鑑定評価制度と不動産鑑定士資格が作られました。高度な国家試験である不動産鑑定士試験に合格し、国土交通省の不動産鑑定士名簿に登録された者が、不動産鑑定士となることができます。不動産鑑定士とは、分かりやすく言うと不動産の適正価格を決定するエキスパートなのです。

そもそも不動産というものは、一般の商品と異なり、唯一無二の特殊なものです。そのため適正な価格をつけることが難しいという問題があります。そこで不動産の専門家である不動産鑑定士が、不動産鑑定評価基準に基づいて不動産の評価を行うのです。不動産の評価は、快適性や利便性、収益性、需要といった地域の環境や諸条件から鑑定が行われます。

しかし不動産鑑定士の業務は、地価公示や地価調査といった不動産の鑑定業務を行うだけではありません。不動産の専門家として、個人や企業を対象に不動産の有効な利用方法や相続税に関するアドバイスやカウンセリング、法務相談、また土地開発や街づくりに活躍するなど、様々な分野で幅広いコンサルティング業務も手がけています。

このため不動産鑑定士は不動産会社だけでなく、金融機関や一般商社、鉄道会社、証券会社など様々な業界で必要とされている人材なのです。

<不動産人気ワード>


Copyright © 2006 不動産鑑定評価 All Rights Reserved.